忍者ブログ
2018/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
憧れの方にお会いしてきましたのでレポります!
今回はちょっと悩んでいることがあって、相談させていただいてきました。
7年前に初めてお会いして、今回で4度目ですが一対一でお話しできたのは初めてになります。
とにかくすごく楽しくて、色んな発見があって面白かったので、振り返って見ることができるように文章に残しておこうと思います。

長文&創作は関係ないので畳みます~。



今回メインの相談内容:年上嫌いを直したい

憧れの方:『』女性。徳が高い。よく人にドアを開けてもらったり、道行く人に両手をあわせて深々とお辞儀されるらしい。毎月100人と会って助けたりしているお方。オーラが神々しい。瞳がとにかく綺麗。常に半分以上光が反射していて、見る人によって色んな色に見えるらしい(元は茶色。私には白っぽい青灰色+一部赤色に見えました)。間違っても宗教系ではない。
私:「」

以下、お会いして最初の雑談や近況報告を省き、本題の直前から入ります。
(お久し振りです~今までのお礼もかねて焼き菓子持ってきました~最近すごく暑いですね~あっ飲み物何頼みます~?息子さんお元気ですか~そういえば以前連れてきた友人がその後元気になって~その節はありがとうございました~とか、そんな感じに和やかにお話ししてます(*^^)♪)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「7年前に初めてお会いしたとき、私を見て、”不満のオーラが凄い。周りに対しても自分に対しても不満だらけだね。”って仰ってましたよね。今はどうですか?」

『うーん、そうね。…片鱗は残ってるけどねw』

「やっぱりですか?w」

『うん。でもそれが良いところなんだと思うよ。理想が高くて、現実とのギャップに苦しんでる。でもその理想を捨てられないのがあなたの良いところなんだよ』

「あ……。えへへ。ありがとうございます」
(不満を溜めない自分になろうと7年間毎日意識して直してきたので、認めてもらえて嬉しくて涙ぐむw)

「それで…多分その理想の部分も絡んでると思うんですけど…今回ご相談したかったのが、年上嫌いについてなんです。小学校の担任がパワハラ系で、中学時代の先輩がパワハラ系で。大学時代のバイト先の店長もパワハラ系で、就職先の最初の上司もパワハラ系で、先日別れた彼も普段穏やかだけど喧嘩のときはパワハラ系だったんです。もうここまで来ると私に原因があるとしか思えなくて。で、振り返ってみると、中学時代のパワハラで年上嫌いになっちゃってるんです。なんでお前はできないんだ!って言われてて。当時は両親や学校の先生、部活の顧問とか身近な大人がみんな冷たくて、いじめとか、厄介ごとと見るとすぐ見捨てるし問題は見て見ぬふりで放置するし、何か起きれば子どもや後輩の責任にしてくるんです。私だったら絶対そんなことしないのにって思って」

『そうだね。…年上…自分より先に生まれてきた人たちには、こうあってほしいっていう理想があるんだね』

そうなんです…。そういう思いが強くて、上司相手にもふとしたときに態度に出ちゃうっていうか。良い人だってわかってるし感謝や尊敬の念もあるし悪気はないのに、自分が正しい、上司が間違ってる、みたいな言い方になってしまって結果誤解されて損することが多くて。でも経験上、私は人の力を借りることで自分自身成長していけるタイプなので、この先必ず年上の方の力も必要になってくると思うんです。これじゃいけないと思って、でも10年近く自分ではどうにもできなかった問題なので、ご相談させていただきました…」

『うーん、なるほどね』

「はい…」

『そうねぇ。なんていうか、こう…完璧を求められると、人って息苦しいじゃない? 自分にできないことなのに求められ続けるのって、大変な気がしない?』

「あ…」

『大人って言ってもさ、人によってできることできないことがあって、完璧ではないんだよね。そこを受け入れた上で、好きになってあげたらいいよ』

「そう、ですよね…。ただ、わかっているつもりでも私にはそこが難しくてなかなかできないんです…」

大丈夫。できるよ。ーーだって、元々好きでしょ?年上の人』

「あ……はい。小さい頃は年上の人の方が好きでよく懐いてたんです」

『ね?年上の人に言われたことに、はいはーい♪って頷いとくの好きでしょ?』

「はいww」
(前の上司には”お前は本当に人の言うこと聞かないな!”ってよく呆れられてたけど…でも本当はそっちのタイプなんだよね。年上嫌いが邪魔してるだけで…)

『好きになるのが難しかったら、信頼できる年上の人を一人見つけて、その人について行ったらいいよ。特に、表立って偉い人よりは、周りの人が困ったときに頼っている人がいいよ。例えばボス系のおばちゃんは頼られるのが好きだから、”分かりませーん、全部よろしくお願いしまーす♡”とか”あの人がこんなふうに言ってくるんですけど、どうしたら良いですか~?”って言うと”よしよし、しょうがないわね”って言って全部良いようにやってくれるよ。逆に、私知ってますって感じにすると嫌われちゃうからね』

「な、なるほどです…!」

『好かれる努力をしてみてごらん。この人にはこうしたら喜んでもらえるかな~とか、こうしてあげたいな、助けてあげたいなって思ってると、それは相手に伝わるから』

「あ……。そうですね。確かに私、今までそんなふうには考えていませんでした。年上の人に、理想の姿を求めてばかりで…。…意識して、やってみますね」

『うん。きっと伝わるよ』

「ありがとうございます(*^^*)」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここでメインの相談内容はおしまいです!
パワハラ系の人に遭遇する度にメンタルごりごり削れててここ5年は病んで何もできなくなって回復したらまた病んでの繰り返しだったので、これがこの先も続くのは本当にやばい!!と思ったのもあって、今回相談させていただきました。もちろん成長のためっていうのが本音ですが、こういった危機感もあったからこそ相談できたんだと思います。いやほんと、5年…きつかった……。
こういう人たちに囲まれたあとの、憧れの方とのお話しだったので余計にその時間が尊くて幸せ最高ハッピー丸でした。言葉の一つひとつに一切マイナスのものがなくて安心して笑えた。ずっと口角上がってて、目の下あたりの頬筋まで使ったの久々すぎて痛かったですww
は~~幸せになれるよう、なりたい自分になれるよう努力するぞ~~!!

~追記~
書き出してみると当たり前のことだけど、分かってるつもりでなかなかできなかったんですよね。でもほんとなんだろう、この方が言うとすごい勇気湧いてくるというか、道筋が見えてきて自分にもできそうな気がしてくるんですよね。
ちなみにこの年上嫌いが直れば、自分の弱さやトラウマは一通り克服できたことになるので、もしそのときが来たらどうしよう…人生にやりがいがなくなる…って思ってたら、「与える側になればいいよ!」って言っていただいて目から鱗でしたww確かに!!自分のことが終わって次のステージ進めるってめっちゃ良くない!?楽しそう!!ってなったので、「与える」ことを視野に入れていきたいと思います!

拍手

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

[11/17 いづち]
[11/05 RAGNA]
[05/25 いづち]
[05/23 みさ]

最新TB

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- 春風駘蕩 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]